乳酸菌ショコラは肌荒れに効果的?一体なぜ?

MENU

乳酸菌ショコラは肌荒れに効果的?一体なぜ?

乳酸菌は生きて腸に届かなければ働かない

 

私たちの腸内では善玉菌と悪玉菌がひしめき合い、悪玉菌が増えると便秘や肌荒れといったトラブルを引き起こします。乳酸菌は腸内の善玉菌を増やす効果があるのですが、酸に弱い特徴があるため、腸に到達する前に胃酸にやられて死んでしまうものがほとんどです。

 

しかし、乳酸菌ショコラは独自製法で、チョコレートに乳酸菌がコーティングされることで、胃酸や胆汁で死滅することなく、生きたまま腸に乳酸菌がたどり着くことができるのです。そのため、食べるタイミングとしては胃酸の多い空腹時よりは、食後などの胃が満たされている時がより効果的です。

 

乳酸菌以外にも便秘に嬉しい成分が豊富

 

乳酸菌ショコラのセールスポイントは、なんといっても味はチョコレートそのものなのに乳酸菌が入っており、それらが生きて腸に届くことです。それだけでも十分効果的なのですが、乳酸菌ショコラに含まれるカカオマスも便秘解消に有効とされています。

 

カカオマスはチョコレートの原料で、食物繊維が豊富な成分です。また、乳酸菌ショコラにはココアパウダーが使われており、ココアパウダーにはリグニンという成分が含まれています。リグニンには乳酸菌を活性化させる働きがあるため、腸内の働きを正常化させる働きがあると言われています。